出会い系のやりとりで大切なこと

出会い系,やりとり

出会い系サイトというのは、知らない人と知り合いになるという一見危ないようなものに見られがちですが、実はうまく使えばパートナー探しになったり、友達作りをすることができるので、とても有効な方法になるでしょう。 はじめにサイトに登録をして、自己紹介などを含めたプロフィールを書いていきます。それを見て自分に合う相手を探し、メッセージのやりとりをしていくことになります。これは、個人のメールアドレスを使うのではなく、サイト内での連絡方法により、男性は1回いくらという感じでやりとりをするので、親密になるまでに時間がかかれば、その分利用料金がかかってきてしまうのです。 人によっては、連絡をとる中で合わないということであれば、きっぱりと連絡を取るのをやめればいいですし、そうでなければなるべく個人情報を交換できるようにしていくといいでしょう。これは、その話の流れと本人たちの気持ちによるところも大きいでしょう。 このように、出会い系サイトなどを利用するときには、すべてがうまくいくのではなく、スムーズに進むような相手はほんの一握りだと割り切って接していくのがいいでしょう。 きっと、自分にぴったりと合った運命の人に出会うこともできるのでしょう。 328

本気の出会い系で使うプロフのNGワード

出会い系,やりとり

出会い系に登録すると、自分のプロフィールを入力する必要があります。 この内容によって本当に出会えるのかどうかが決まる大事な情報ですので、本気で出会いを求めているのならばしっかりと考えなければいけません。 しかし、あまりにも美辞麗句を並べても逆に嘘臭さが強くなってしまいますので、プロフィールで気を付けるべきはNGワードを使わないようにするということです。 出会い系におけるNGワードとは、プロフィールを読んだ相手に面倒な人や遊びだなと思わせてしまうような文章です。 例えば、寂しいので構ってほしいという言葉や暇つぶしといった言葉では本気度はまるで窺うことが出来ないので本気の出会いを求めている相手には一発でスルーされてしまいます。 また自分を卑下するような内容もNGです。 デブですがお願いします、というような内容で登録をした場合、半分以上の人はスルーすることでしょう。見た目的なことが問題ではなく、これから出会う相手が前向きではない性格だと感じさせてしまうからです。 その他、男性の場合はあまりにも下心全開の内容は相手を引かせてしまうだけです。本気であればあるほど相手にされないはずです。 以上のようなNGワードに気をつけて、相手に自分をみせることと同時に相手に興味を持ってもらえるような内容にすることが重要です。 329

このページの先頭へ戻る